犬歴ゼロ太のワンコ大百科

犬の病気やしつけを中心にできるだけ詳しく、分かりやすい言葉で解説しています!

犬の年齢について

犬の寿命や雑種について

投稿日:2019年1月16日 更新日:

犬の寿命は人間に比べるととても短いものです。

『愛犬が人間の年齢に換算すると何歳くらいなんだろう?』

と思ったことはありませんか。

そこで今回は犬の寿命や雑種などについてお話させていただきます。

スポンサーリンク

犬の寿命について

『犬の平均寿命をご存知でしょうか?』
『犬の年齢が人間の何歳に相当するのかをご存知でしょうか?』
意外と飼い主の方々がしらない疑問からまずはお話させていただきます。

犬の平均寿命ですが、大型犬と小型犬で少し差があります。

大型犬では寿命が10歳ぐらいで、小型犬では12~14歳くらいだと言われています。

しかし、長生きする犬は17歳から20歳という場合もあります。

犬の年齢が人間の何歳に相当するのかについては、いろいろな説があります。

ここでは、一般的に言われている考えをお話させていただきます。

その考えですが、生後1年までは平均20日で1歳であるという考え方です。

つまり、1年では人間の18歳に相当しています。

その後1年ごとに4歳年をとるという考え方です。下に犬と人間の年齢を対比させて載せてみます。

犬     人間
1ヵ月    1歳
2ヶ月    3歳
6ヶ月    9歳
1年    18歳
2年    22歳
3年    26歳
4年    30歳
5年    34歳
10年   54歳
15年   74歳
20年   94歳

この一般的な考え方で計算した場合はこのような感じになります。

また、何歳からが老犬なのかという枠組みですが、犬は10歳になると老犬の域に入ると言われています。

犬の寿命の平均は12歳から20歳程度まで生きます。

ただし犬種や生育環境によっても異なり、基本的に大型犬のほうが小型犬よりも短命であるというデータが出ています。

また、一般的には屋外飼育よりも室内犬のほうが長命の傾向があり、純血種よりも雑種のほうが長命と言われています。

雑種に関することはこの後、お話させていただきます。

犬は歳を取るスピードが若いほど早く、成犬となってからは緩やかになります。

犬の年齢を人の年齢に換算する方法は色々とあるようですが、科学的根拠に基づいたものではなく必ずしも正確ではないと考えられています。

スポンサーリンク

犬の年齢の計算

先ほども人間と犬の年齢で対比させてみましたが、小型犬なのか大型犬なのかによっても年齢の算出が違うようです。

もっと細かく言えば、犬種によっても算出方法に誤差が出てきてしまいます。

目安としても小型犬は生後1年でヒトの約17歳、生後2年で約24歳、大型犬は生後2年で約20歳、それ以降は小型犬で1年につきヒトの4歳程度分であると考えられています。

大型犬は5歳から6歳程度分歳を取ると考えられています。

また、転じて、年単位で数年分に匹敵する急速に発達した科学技術であるパソコンや携帯電話などを指して『ドッグイヤー』と呼ばれていることがあります。.

このように、小型や中型犬と大型犬とでは成長のスピードに違いがあります。

小型、中型犬は、大型犬に比べて早く成長し成犬期も長く、老齢期に入るのはだいたい7~8歳頃になります。

その一方で、大型犬の成長はゆるやかで、成犬になるまでにやや時間がかかりますが老化は早く、老齢期に入るのは5~6歳くらいからだと考えられています。

愛犬が老齢期を迎える頃になったら健康管理にはより気をつけたいところです。

食事や散歩の内容も様子を見ながら体に合うよう少しずつ調整をしてあげましょう。

世界最高齢の犬は日本に・・・

近年、飼育環境の改善やフィラリア予防等の動物医療の普及などによって、犬の平均寿命は伸びる傾向にあります。

2011年の時点では、ギネスブックにて『生存する世界最高齢のイヌ』と認定されていたのは、日本の栃木県に暮らす『プーすけ』という犬でした。

その当時2011年10月現在でなんと26歳7ヶ月!!という記録が残っています。

記録が残っている最も長く生きた犬はオーストラリアの牧畜犬の『ブルーイ』と言う犬でで、29歳5ヶ月だったそうです。

ちなみにこれを先ほどの一般的な人間の歳に直してみると・・・

134歳!?ぐらいに相当します。犬

の寿命もすごいことになっています。

近年、ペットフードの進歩によって、犬の寿命は大きく伸びたといわれています。

犬種や飼育環境によっても変わりますが、12歳~15歳が犬の平均寿命とされています。

一般的には大型犬は小型犬より寿命が短いといわれています。

一般的に小型犬であれば12~115歳くらい、大型犬では8~110歳くらいが平均寿命と考えられています。

近年では18歳、19歳という犬を見かけることも珍しくなくなってきました。

もっと言えば20年以上生きている犬もたくさん出てきています。

長寿を目指しても残念ながら若くして逝ってしまう犬もいるのは、たいへん残念なことですが、犬のライフステージに合わせたケアをして、少しでも若く元気で長生きをさせてあげたいです。

犬種別に見てみる犬の寿命

次に犬種別に犬の寿命も見てみたいと思います。

●アイシッリュセター 10歳~14歳
● 秋田犬 10~14歳
●アフガンハウンド 10~14歳
●アメリカンコッカースパニエル 14~15歳
●イングリッシュコッカースパニエル 14~15歳
●イングリッシュ・セッター 11歳
●ウエストハイランドホワイトテリア(ウエスティ) 12~14歳
●ウエルシュ・コーギー 12~13歳
●キャバリア 13~15歳
●コリー 10~14歳
●ゴールデンレトリバー 10~13歳
●シェットランドシープドッグ(シェルティ) 14~15歳
●シーズー 12~14歳
●シッパーキー 20歳
● 柴犬 15歳
●ジャーマン・シェパード 12歳
●スコティッシュテリア 12~14歳
●セントバーナード 8~10歳
●ダックスフンド(スタンダード、ミニチュア、カニヘン) 14~15歳
●ダルメシアン 10~12歳
●チャウチャウ 12歳
●チワワ 12歳
●狆 12~15歳
●土佐犬 9~10歳
●ニューファンドランド 8~10歳
●バーニーズマウンテンドッグ 8~10歳
●パグ 12~14歳
●ビーグル 12歳
●ビションフリーゼ 16~17歳
●プードル 10~14歳
●ブルドッグ 8~10歳
●ペキニーズ 10歳~14歳
●ボクサー 8~9歳
●ポメラニアン 15歳
●マルチーズ 15歳
●ミニチュアシュナウザー 12~15歳
●ミニチュアピンシャー 12歳
●ヨークシャーテリア(ヨーキー) 12~14歳
●ラブラドールレトリバー 10~12歳

あくまでも目安ですがこのようになっています。

ちなみに一番長生きする犬種は『シッパーキー』だと言われており平均寿命は20歳前後です。

犬の雑種についてのあれこれ

飼い主の方々の質問の中に

『雑種とミックス犬の違いは何ですか?』

という疑問をお持ちの飼い主の方々が非常に多いです。そこで雑種のことについても少しお話させていただきます。

雑種というのは『雑種犬』のことを指しています。

雑種とミックス犬の違いですがこれは実は同じ意味です。

『雑種』というと聞こえが悪いため、近年繁殖者がそう言い換えて販売するようになっています。雑種とミックスはいずれも別物だと信じきっている飼い主の方もおられるようですが全くの誤解だと言えます。

次に飼い主の方々の疑問で多いのが『どんな犬でもミックスすることが出来るのか』です。

簡単に言ってしまえばどんな犬でもミックスできます。

例えば、世界中にある1万種の犬種は全て異種交配が可能だといえます。

だからといって、それを利用して格差のある犬同士の交配は絶対にやめた方が賢明です。

メスのほうが極端に小さいと、胎児が成長しすぎて母子共に危険な状態になってしまうためです。

少し昔のことですが、アメリカでそのような犬が作られ特集されていたようです。

雑種のタイプ

次に雑種の大まかなタイプをお話させていただきます雑種についても大まかなタイプがあります。

人が人為的にミックスした、血統の分かるものだけではなく、自然に野良犬が交配を重ねていくことで変化を遂げていったものもいくつかあります。

例えば、パリアタイプの雑種というものがあります。

パリア犬というのはもともと、インドなどにいる原始的で無駄の無い姿をした野良犬種のことをさします。

日本にインドの犬が持ち込まれたわけでもないのに、こういうパリアタイプの犬がいるのは、先祖がえりによるもので、野生生活のうえで必要の無いものを棄てたことが元になっているといわれています。

また、コリータイプの雑種犬というものもあります。何が混ざっているかは不明です。

そして日本にしかいない特殊な雑種もいます。

それが和系犬(わけいいぬ)という雑種です。

これは日本犬同士の掛け合わせの子孫で、日本で最も多い雑種です。

抵抗力や寿命、日本への適応性が非常に優れたものでどこにでもいます。

この他、近年はブームの影響でプードルの雑種の野良犬も増えてきている傾向にあります。

次は『雑種は長生きするのか』についてお話させていただきます。

雑種は種類や掛け合わせによりますが、たいていは両親種よりも長くなる傾向にあります。

親が長生きする種であるほど、そういう傾向にあります。

日本犬は特に寿命が長い種類なので、その子も長生きしやすい資質を受け継いでいます。

ただし例外があり、ブルドッグやパグ、グレート・デーン、アルビノ犬などのもともと寿命が短い傾向の種類や遺伝的疾患がよく現れる種類のミックスです。

片親が長命の犬ならいくらかは大丈夫だと思われますが、そのような傾向にあります。

雑種の病気事情

『.雑種は病気にかかりにくい』という疑問についてもお話させていただきます。

これも雑種のかけあわせによります。場合によっては弱くなることもあります。

日本犬同士のミックスや和系犬が病気に強く丈夫であると言われるのは、両親がもともと病気に強い犬であるためです。

ですので、雑種の仕方によっては強い犬を生み出すことが出来ますが、かえって悪い特性を助長してしまうこともあります。

ですので、一概に雑種は病気にかかりにくいとはいえないのです。

今回のお話のまとめ

今回は犬の寿命や雑種についてお話させていただきました。

最後に雑種の欠点について触れておきます。

雑種の欠点ですが、単純雑種だとムラっけがあるので『この組み合わせだからこんな子』というのが確定できないことです。

親のよい所だけを受け継ぐ犬もいれば、悪い所だけを受け継いで更に問題点を持って生まれてくる子もいるのが問題点です。

特に、ショップなどにいるような純粋種同士の掛け合わせ犬の場合その傾向が強いので注意が必要です。

日本への雑種ブームの発端は1960年代にアメリカで起こった、コッカープーという二重純血犬種の誕生がきっかけになっています。

これをまねて作った単純雑種の作出の流行が、時を越えて日本に飛び火したといわれています。

 

今回のお話は以上です。

長文読んで下さり、ありがとうございます。

-犬の年齢について
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬の寿命や年齢の数え方がコレですっきり!

うちの愛犬は人間の歳では今、何歳なの? うちの愛犬は何才ぐらいが平均寿命なの? 同じ犬でも、大型犬と小型犬とを比較してみると、成長速度も寿命も全く違ってきます。 例えば、小型犬は1年で完全に成犬になる …

犬の「寿命」や「雑種」について。日本だけの特別な雑種が実はいた…

犬の寿命は人間に比べると短いです。 愛犬の年齢は、 人間の年齢に換算すると何歳? この疑問は、飼い主がよく思う疑問の1つですよね。 今回のお話では、 犬種別に何歳ぐらいまで生きるのか? 一般的なデータ …

カテゴリー