犬歴ゼロ太のワンコ大百科

犬の病気やしつけを中心にできるだけ詳しく、分かりやすい言葉で解説しています!

ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバーは賢い犬?調べて分かった意外な性格

投稿日:2019年1月20日 更新日:

ラブラドールレトリバーは賢い犬として、飼い主の間ではイメージが定着していますよね。

ですが、犬が賢いといわれてもピンと来ない方はいませんか??

一体どうやって犬の賢さをはかっているの??

賢いってどういう意味なの??

こんな事を一度は思ったことがあるのではないでしょうか??

どうでもいいじゃん!!と思われそうですが、私自身が結構こういう事が興味があるタイプの人間なのです。

こういった事に興味のある方は、是非、今回の私のお話を聞いていただけると幸いです。

という事でラブラドールレトリバーは賢いのかについてお話させていただきます。

スポンサーリンク

犬が賢いって何!?

ネット上でよく聞く話に『●●の犬は賢いよ』という話です。

今回のラブラドールレトリバーも、元々が猟犬として飼われていたという事もあり、飼い主の間では『賢い』といったイメージが定着しているように思います。

ですが、飼い主の中には

犬が賢いって何なの!?

そもそも賢いの定義とかあるの??

みたいな感じの感情がわいてきたことはありませんか??

私は結構ひねくれているタイプなので、

賢いって何なの??

犬が賢いってどうやって決まるの??

みたいな疑問が常に生まれてきてしまうのです。

そこでラブラドールレトリバーの賢いについてもう少し考えてみる事にします。

スポンサーリンク

犬によって賢さは違うの?

そもそも、犬が賢いとはどういう事なのでしょうか??

例えば、

●トレーニングやしつけの覚えが早い。
●飼い主のコマンドなどの指示をきちんとを守れる。
●自分で判断して行動できる。

こんな犬が賢いといえるのでしょうか??

というか、こういった犬があなたの周りにいますか??

こういった犬としつけの関係性は、飼い主と犬との関係性や飼い主のしつけの仕方によって変わってくるとも思います。

それを考えると『犬が賢いって良く分からない定義だな』と思ってしまうのは私だけでしょうか??

何かそういった定義みたいなことを考えるとキリがないのですが、何と犬の知能テストを見つけてしまいました。

犬の賢さが気になる場合は、是非一度試してみはいかかでしょうか??

もちろん、こういった犬の知能テストが本当に当たっているのかは定かではありません。

ですが、気になる方も多いと思います。楽しむ程度に考えていただき、気楽に試してみてください。

私の犬が賢いの・・・

犬の知能テストに興味を持たれた方は、一度ネットで調べてみても面白いと思います。

『犬 知能テスト』みたいな感じで調べていくと、色々な犬の知能テストのやり方が出てきて、結構興味深いです。

では今から犬の知能テストをご紹介させていただきます。ちなみに犬の知能テストは経験の浅い1歳から2歳前後の犬が行うのが良いらしいです。

また観察力のテストや形を見分けるテストなどもあります。そしてなんと問題解決能力を測るテストまであります。

問題解決能力を測るテストってどんなテスト!?と思われた方もおられると思います。

そこで問題解決能力のテストをご紹介させていただきます。

なんか学校のテストみたいで堅苦しいイメージがありませんか??

問題解決のテストはこんなテストです。

まずは、

鳥かごと幅の広い布とトリーツ

を用意してください。

そして、鳥かごの部分だけ取り除き、板の上にこの鳥かごを逆さにして打ちつけます。

セッティングは、

①かごの外に10センチぐらいの端が出るように布を敷きます。
②その上にトリーツを置きます。

セッティングはこれだけです。

イメージは、犬が布の端を引っ張ると、トリーツが取れるようになっていればオッケイです。

これで何が分かるの!?という事なのですが、何と評価のポイントまであります。

問題解決能力というテストは、犬の経験の差が現れてくるテストです。

ですので犬の経験が乏しい犬は、なかなかトリーツが取れないらしいです。

こういった問題解決の力は、犬に物を探させたり、問題解決へのアイデアを褒めることで力を伸ばすことが可能だそうです。

その他にも『学習能力』というジャンルのテストもあります。

用意するものはボールです。

ボールをフェンスの向こう側に投げるだけです。

このテストで分かる事は、問題解決能力の高い犬は自分からフェンスを迂回する道を探し出すようです。

ですが大抵の犬の場合は、ボールが超えていったフェンスの前で立ち往生してしまうパターンがほとんどです。また、フェンスの下の土を掘ってみたりするようです。

そこでこのテストでは、飼い主の補助が必要です。

フェンスの前で迷っている犬がいれば、1度犬に迂回の道を示してあげます。

そして、2回目以降に実際に犬にやらせてみて、何回目にボールを投げた時に犬が教えられた道を辿る事が出来るかを見る事で犬の理解度を測るようです。

このように、犬にも色々な知能テストがあります。その他にも記憶力テストといったものもあります。

ラブラドールレトリバーは結局賢い犬種なの!?

という本題から少し話はそれてしまいましたが、実は海外のある教授が犬の賢いランキングを発表しているのです。

少しご紹介しておきます。

賢い犬のランキング!?

海外のある教授が犬の賢さをランキングづけています。

そのランキングによるとラブラドールレトリバーは7位にランクインされています。

7位というなんとも微妙な順位ですが、犬種の中でも上位にいる事は間違いありません。

一体どういったテストでランキング付けしたのかというと、

人の出した指示に対しての理解力を判断し、犬が出された指示に対して服従するかを測ったテストです。

具体的に言えば、飼い主が新しいコマンドを犬に理解させるまでに、何回繰り返せば覚えるかというテストです。

このテストでラブラドールレトリバーは7位に入っています。

ちなみに7位であっても、新しいコマンドを5回以内に理解しているグループに入っています。

これだけでもかなり賢いなと個人的には思います。凄い事ですよね。

私なんて、すぐに忘れやすいタイプですので、メモしないとすぐ忘れてしまいます。

それに比べれば、ラブラドールレトリバーは、言葉で指示されたことを覚えている訳ですから立派だと思います。

ちなみに、世界には色々な犬の知能テストあります。今回はスタンリー・コレン教授という方の知能テストです。この方はブリティッシュ・コロンビア大学の教授です。

『スタンリー・コレン教授』とネットで検索すれば、日本でも本などが出されているため、この教授の本などが出てきます。

興味のある方は検索してみてください。

今回のお話のまとめ

今回はラブラドールレトリバーは賢い犬なのという部分についてお話させていただきました。

この賢いという定義は良く分かりませんが、私個人的には、ラブラドールレトリバーは賢くて素直で従順で申し分のない犬だと思っています。

ラブラドールレトリバーが賢くなくても、私は全然関係ありません。

もし、しつけに時間がかかろうが、指示が伝わらなくても別に構いません。

これは私は別に犬に賢さとかを求めていないためです。

『賢いからしつけがしやすい』という部分は確かにあるとは思います。

ですが、私は犬に求めるものは賢さよりも「癒し」だったり「時間の共有」だったりします。

賢い犬は、それはそれで立派だとは思います。

あなたは犬に求めるものはなんでしょうか??

こういった部分も少し考えるきっかけになれば幸いです。

本日のお話は以上です。

 

-ラブラドールレトリバー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大好評】ラブラドールレトリバーの子犬の価格のお話

ラブラドールレトリバーは世界的に人気のある犬です。 飼い主の中には、 ラブラドールレトリバーが 最近気になってきているので 価格が知りたい!! という方もおられると思います。 そこで今回はラブラドール …

【これは深い】ラブラドールレトリバーの運動量のことが丸わかり

ラブラドールレトリバーを飼われている飼い主の悩みって何だと思いますか?? それが肥満です。 ラブラドールレトリバーのような大型犬に属する犬の場合、よくある悩みの一つがこの肥満です。 食事の管理や犬の体 …

【犬の病気】ラブラドールレトリバーが気をつけたい4つの病気たち

ラブラドールレトリバーは、世界的に人気のある犬種です。 ラブラドールレトリバーと言えば、 優しくて飼い主に忠実 アメリカで一番人気 噛み癖があまりない 躾やすい このように、ラブラドールレトリバーと聞 …

【5分で納得】ラブラドールレトリバーの大きさが分かるお話

ラブラドールレトリバーは大型犬ですよね。 そんな事は分かっているよ!?と思われた方もおられると思います。 ここで私がいつも気になっていたことがあるのですが、皆さんにお伝えしてもよろしいでしょうか?? …

カテゴリー